スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8回情報リテラシー論

第8回情報リテラシー論お疲れさまでした!
今回は「位置情報で激変の生活習慣」についてでしたね!

今回は少し余裕があったのでパソコンでメモを取ってみました!!
メモをブログにアップロードするのにかなり手間取りましたがその分本当にいい経験になりました。
過程をささっと簡潔に。
最初はスクショでもして載せようと考えたのですがそれでは素人感満載でちょっと不満だったので少し粘ってみました。
メモはpdfで書き出すことができるのですが、fc2のブログ、pdfに対応していなかったんですねー汗
そっからまたtiffで書き出してアップロードしおうものなら、対応している容量が2MBまで泣
悔しい!とjpegで書き出してやっと載せれた!よしプレビューで確認!!っと思ったら
画像が高速で3枚入れ替わってチカチカしてよく見れない!?!??
こうして一枚ずつアップロードしてやっと完成...
道のりが長かったのですが、形式について少し学ぶことができました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
第8回情報リテラシー論
第8回情報リテラシー論2
第8回情報リテラシー論3


Free Wi-Fi

なんとも身近で恐ろしい映像でしたね。
私もよくWi-Fiをオフにし忘れてて飛んでるWi-Fiに繋いでしまうことや
お店で配信してる無料Wi-Fiを利用している時、通信制限を避けたい時につなげることがありますw
スタバなど有名チェーン店など以外は気をつけて利用しなければいけませんね、、
映像でハッカーが提供するWi-Fiとして
Wi-FiのFの文字が小文字になったFree Wifiなんて名前のものは怪しいと言っていましたね。

LINE blog
lineblogapp_20161114_image.png

2016/11/14Lineブログが一般向けにも開設されたそうですね。
以前は限られた芸能人や著名人向けに開設されていたのですが
集客性、認知度が高まったことが経緯になったようです。
それに加え、iphone、Android両方に対応した専用アプリも同時公開されているようなので
情報リテラシー論のブログをまだ書いていない方は利用してみるのも手ですね!
特徴としては、フォントが選べる、LINE絵文字が使える他に
一人で複数のアカウントを持つことができない、
IDはtwitter同様早いもの勝ちの一方でlineブログは後に変更できない点では異なる、
lineブロガーだけでなく世界中で閲覧することができる
(検索に引っかかりにくいが、ハッシュタグで検索すると引っかかる)
匿名でブログを始めることができる
(※LINEのTL、Facebook,Twitterの共有機能が搭載されているため設定に気をつけて)
という点などが挙げられますね!


line blogに関するリンク集
LINEcorpのline blogに関する記事
https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2016/1569
Apple store
https://itunes.apple.com/jp/app/line-blog/id1171367187?mt=8
Google play
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.linecorp.lineblog&hl=ja_JP
公式サイト
http://www.lineblog.me/landing/
開発元(iTunes プレビュー)
https://itunes.apple.com/jp/developer/line-corporation/id359067226?uo=4
LINE公式ブログ
http://official-blog.line.me/ja/

一人一人に沿った検索結果
最近は一人ひとりで検索結果が異なるようになったんですね!
検索エンジンも学習するようになったってことですね。
簡単にまとめてみましょう。
・閲覧履歴に左右される
頻繁に尋ねるページは検索結果上位にくるのは楽で便利ですよね(ブックマークしとけばいいだけの話なんですが)
Androidはわかりませんが、iPhoneだと
自分がよく閲覧するページがsafariを起動しただけでお気に入りの下に来ることもあって
ショートカットキーになって便利ですよね。
・ヴェニスアップデート
SEO用語を使ってるので何言ってるんだって方が多いと思うのですが、
検索した人の位置情報に基づいてgoogleの検索結果がローカルにカスタマイズされるアルコリズムの総称です。
地域依存性の高いキーワード(病院、アパート、大学、居酒屋、飲食店等)に有効です!
ちなみにヴェニスは同社内のコードネームから来てるそうですよ。
正確な検索順位を知りたいときはプライベートモードに設定する必要があります。
safariではプライベートブラウザ、chromeではシークレットモードっていうそうですよ。
(safariを起動した状態で)ショートカットキーはshift+command+Nです。
(Windowsをお使いの方はcommandをcontrolに変えるのを忘れずに。)
(firefoxをお使いの方はshift+command+Pです。)

現在位置を偽装させることができる方法があったのでリンクを貼っておきますね!
https://lblevery.com/sfn/create/site-create-hint/chrome-developer-tools/#i-7

Torブラウザ
どこからアクセスしてるか隠して匿名化できるブラウザ。
DLページ
https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&ved=0ahUKEwi_5qaJ27nQAhXHfrwKHfujD5QQFgghMAA&url=https%3A%2F%2Fwww.torproject.org%2Fprojects%2Ftorbrowser.html.en&usg=AFQjCNE2peoTRVhWzhSyDE84lPxexPimOg
インターネットは匿名性があると言われていますが
IPアドレスからどこからアクセスしてるかが判明してしまったりします。
そんな脅威から守ってくれるのがこのブラウザです。
足跡つけることなく去ることができます。
検索エンジンにも位置情報や閲覧履歴が分からないので
それらを加味しない検索結果がわかるんですね!
ただ、サイトが英語なのでかなりわかりにくいため、
日本語のサイトを参照しながらDLする方がいいかもしれませんね。

利用頻度の高い位置情報の設定
これ、かなり恐ろしいですよね
バッテリーも食うので是非オフにしておきたいものですね!
最初は、これを見つけるのに少し苦労しましたw
位置情報はアプリの場合必ず使用中のみ又は使用しないに選択しているのですが
一向に右上の紫色の位置情報を利用してるマークが表示されていたので調べていたときに見つかったのがこれ。
最初は驚きましたねw



位置情報を利用したアプリ
最近はこれらに関する事故が多いので慎重に扱わなければいけませんね。

ポケモンGO
一時期社会現象として取り上げるほどの威力と影響力を持った位置情報を利用した代表的なゲーム
近年では、このゲームによる事故や10代20代のプレイヤーの減少、中年層に人気など
様々な問題や話題を作る種ともなっていますね。
中年に人気なのは健康にいい、昆虫採集の懐古から来ている一方
若者に不人気なのは退屈、ゴールが見えず達成感が得られない、ボールがなくなるなどが
挙げられていますね!
公式PV→
App store→http://itunes.apple.com/jp/app/pokemon-go/id1094591345?mt=8
google play→https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nianticlabs.pokemongo

Ingress
ポケモンGOと同じ会社「NIANTIC」が作ったいわば陣取りゲームです。
2つのチームに分かれ協力して陣地を拡張するのが目的。
第三者から行動範囲を把握されるおそれがあることに注意が必要です。
公式PV→
App store→https://click.google-analytics.com/redirect?tid=UA-30116200-4&url=https%3A%2F%2Fitunes.apple.com%2Fus%2Fapp%2Fingress%2Fid576505181%3Fmt%3D8%26uo%3D4&aid=com.google.ingress&idfa={idfa}&cs=ingress&cm=website&cn=download&hash=md5
Google play→https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nianticproject.ingress&referrer=utm_source%3Dingress%26utm_medium%3Dwebsite%26utm_campaign%3Ddownload

講義中のつぶやき







個人的に気に入ったツイート



















今回のレポートは以上とさせていただきます。
閲覧ありがとうございました。

担当教員 イーンスパイア株式会社代表取締役 ネットビジネス・アナリスト 横田秀珠
関連記事
スポンサーサイト

第7回情報リテラシー論

第7回情報リテラシー論、お疲れ様でした!
今回は「多様な連絡手段のインフラ化」について勉強しましたね!

CcとBcc
CcとBccについてまとめておきました!
存在は知っていましたがよく知らなかったので
復習も兼ねて。

Ccはカーボンコピーの略
Toに送った内容を確認、報告する目的で使用され同じ内容が送信されます。
ちなみにToとBccの人はお互いにメールアドレスを確認することができます。

BCCはバックカーボンコピーの略
Bccに入力されたメールアドレスは受信者に表示されることはありません。
主に一斉送信や、受信者のメールアドレスを隠したい時に使われます。

迷惑メール...嫌ですよね。
中学生の時、いきなり大量に来て慌ててメアドを変えたのを覚えてます
メアドを回収するソフト...恐るべしですね。
ただ、最近は私用ではあまりメールでやりとりすることは少ないと思うので
そもそもメールを意識することが減りましたね。
当時iPodtouchを使っていたのですが、写真の添付の仕方はわかっていたものの
容量が大きくてまともに送信できませんでした。
今では圧縮すればいいことを知りましたが、友達がガラケーだったり
圧縮がめんどくさかったりと難点があって当時はあまり利用しませんでした。
重要だなって思ったことは、MacとWindowsでデータが渡る時にはPDFにしておくべきだと思いました。
こうして振り返ってみると、メールとの違いがはっきりしてきてLINEは優秀なアプリだなって気付きますね。
東日本大震災では、LINEは大活躍でしたね。
電話回線がダウンしてしまって繋がらない一方、LINEはインターネット回線を利用しているため
無料通話が通じ安否確認ができたとか。
緊急時のインターネットは有効に働きますね!

ハッシュタグ
#救助 のタグは最低限覚えておくハッシュタグですね。
ハッシュタグに関連してこんな話をご存知でしょうか?
2012年にマクドナルドがアメリカで同社のいい話に関するツイートをしてユーザ同士で経験の共有を図ろう
というキャンペーンを催す目的で#McDStoriesというハッシュタグを作成したところ、
想定していたいい経験よりも度を超えた苦情のツイートが大量に集まってしまい
裏目に出て大炎上してしまったことがあるそうです。
このタグをつけてマクドナルドの皮肉や都市伝説、ネタをツイートする人もいた。
わずか2時間で終了してしまったこのキャンペーンはバッシングとハッシュタグをかけたバッシュタグという用語
の例として取り上げられることが多いそう。
このキャンペーンの失敗はうまくこのキャンペーンそのものをコントロールできないところにありました。
ソーシャルメディアの広告はこのキャンペーンに乗っかるユーザだけでなくこのキャンペーンを利用して
悪知恵を働かせるユーザもいることを考慮しなければいけませんね。
ただ、#McDStories というハッシュタグは直訳するとマックの話になるので
別にクレームを書いたところでハッシュタグの内容に沿っていないわけではないという点も大きく関わっていると思います。ハッシュタグのつけ方も重要ですね。
私は利用しないのでよく知りませんが、インスタグラムなんかでは
いくつものハッシュタグをつけて投稿するのが流行(?)になっているそうですね。
なんでもハッシュタグをつけることで必然的にインプレッション数(閲覧数)も増えますし、
それに比例してフォロワーを増やす戦略として利用できるからだとか。
ハッシュタグは使いようによって様々ですね!
#情報リテラシー論 もその一つですね
皆さんも用途に沿って有効に活用できるようになるとるといいですね!

今回は以上とさせていただきます。
閲覧いただきありがとうございました。

担当教員
イーンスパイア株式会社代表取締役 ネットビジネス・アナリスト 横田秀珠
http://yokotashurin.com




関連記事

第6回情報リテラシー論

第6回情報リテラシー論、お疲れ様でした!
今回は「キュレーションの必要性」について話しましたね。

まず、言葉の確認が必要ですね。
キュレーションとは情報収集した中で取捨選択をし、新しい価値を見出すことで、
それを行う人がキュレーターですね。
(正直、私自身も今回の授業までキュレーションが何かいまいちわかってなかったので
載せておきます。)
そもそも、なぜキュレーションすることで価値を見出せるのでしょうか?
(キュレーターはただまとめただけなのに。)
私の見解になりますが、現代は情報社会と呼ばれ、常に今現在も情報が増えているにもかかわらず
肝心な私たち人間の記憶力は全くもって変容を遂げていないのが一つとしてあげられると思います。
つまり、情報の洪水と呼ばれる中、いかに効率よく、質の高い情報を収集することができるかが
鍵となってくるわけです。キュレーターが情報過多から読者をまもっているとも言えますね!
そこでキュレーションは役に立っているのではないでしょうか。
ただ、一方でオリジナルの情報を収集する側の人はやってられない気持ちにもなりますね笑

ここでキュレーションサイトを紹介したいと思います。

NAVERまとめ
キュレーションサイトとして一番最初に成功を収めたサイトですね。
あるテーマに対象を絞って関連する情報をあつめたページがユーザーの手によって作成されている。主なコンテンツの例として、優れた画像や面白いネタ画像、名言などを集積して掲載したもの、ソーシャルブックマーク(SBM)のようにリンクを集めたもの、名言集、生活の便利な情報を集めたもの、任意のトピックに関するユーザーのコメントをフリートーク形式で集積したものなどがあり、多種多様である。weblio辞書参照
アフェリエイトでお小遣いを稼ぐ人も中にはいるみたいですね。
http://matome.naver.jp

MERY
女性向けキュレーションサイトでキュレーション業界に大きな影響を
与えました。(利用者の何割かは男性の方もいるようですが。)
特徴としては無料登録をすれば誰でもキュレーターになれるということ
特定のターゲットに絞ったキュレーションサイトであること
サイトを通して服などが簡単に購入できること
http://mery.jp

グノシー
≪3分で旬のニュースをまとめ読み≫というキャッチコピーで注目を浴びたニュースキュレーションアプリ
グノシーの最大の特徴はFacebookやTwitterなどと連携してSNSの投稿をもとに興味、関心のある記事を
キュレーションしてくれます。加えてニュースの閲覧履歴も対象になるとか。
他には朝刊夕刊と1日に二度届くなどがあります。
https://gunosy.com

smart news
スマートフォンでニュースをさくさく読める「SmartNews」
スマートニュースはPC版はない模様。
売りはスマートモードで圏外になってもニュースを読むことができること。
他にはtwitterと連携して解析、話題になっているニュースを分野ごとに配信すること。

今回は以上とさせていただきます。
閲覧ありがとうございました。
http://yokotashurin.com
関連記事

第5回情報リテラシー論

第5回情報リテラシー論、お疲れ様でした!

今回は「スマートフォンの普及とその課題」について勉強しましたね

・ガラケーとの違いとその変遷
・スマホの使い方、仕様
・スマホ対応したウェブページ
・スマホによる社会、習慣の変容
について今回は書きたいと思います!

ガラケーとの違いとその変遷
スライドで多く違いが挙げられていましたが、一番私が感じたのは
スマホにはケース(カバー)なるものを装着して使用するのが一般的になってきたことですね。
ガラケーは色や形、機種の構造などで個性を見せていた一方、スマホの機種は同じ分、
ケースで個性を出すようなことが多くなったと思いました。

そもそもガラケーって言葉はどこから来たのでしょうか。
友達から聞くと「ワニみたいじゃん、ガラパゴスにもいるからじゃね?(本当にそうなのかはわかりません)」とか
適当に言ったのを鵜呑みにしてましたが、これを機に調べてみると
「ガラパゴス化」というビジネス用語が由来のようです。
ガラパゴス化(ガラパゴスか、Galapagosization)とは日本で生まれたビジネス用語のひとつで、孤立した環境(日本市場)で「最適化」が著しく進行すると、エリア外との互換性を失い孤立して取り残されるだけでなく、外部(外国)から適応性(汎用性)と生存能力(低価格)の高い種(製品・技術)が導入されると最終的に淘汰される危険に陥るという、進化論におけるガラパゴス諸島の生態系になぞらえた警句である。ガラパゴス現象(Galápagos Syndrome)とも言う。wiki参照
んー。よくわからないですね。
わかりやすく言うと、
日本の技術あるいはサービスなどが国際基準からかけ離れ国内市場に適応するように異なる方向で発達、(進化)を遂げること、
また高機能、多機能であっても特殊で世界市場では売れにくい製品、サービスなどを
生み出す日本の産業をやや批判的に指す言葉
と解釈するといいかもしれないですね。

ガラケーって言葉は日本の産業を皮肉って名付けられた言葉だったんですね!
こうして日本の携帯会社は国内市場の争奪戦をしてガラパゴス化をしている間に世界市場をグローバル戦術に長けた企業
(ノキア、サムスンなど)に先を越されて旗を取られてしまったのです。

とすると、ガラケーにおける世界市場に適応できない無駄になってしまう機能とは何だったのでしょうか?
絵文字やワンセグ、おサイフケータイなんかがその一例だと言えそうですね。

高校の時、私の友達にガラケーが大好きな子がいました。
その友達は、デザインが好きなのか形が好きだったのかはあまり覚えてないんですけど
あまりに好きなもんで手放したくないって言ってテザリング機能を搭載したガラケーとiPodtouchの二台持ちでガラケーを主に通話とテザリングをメインに使っていて、面白い使い方をしてるなって思ったことがあります笑

スマホの使い方、仕様
突然ですが、ベンサムが提唱した最大多数の最大幸福という言葉をご存知でしょうか。
少数人数の幸福よりも多数の幸福を優先するのが善であるという考え方です。
基本、多数の人々が便利な世の中になったと感じる一方で
ある少数の人々は不便だなって感じています。
誰かが幸福になれば、その分誰かが不幸になる世の中ですから。
左利きの人々はその一例です。
iPhoneを含め、ほとんどの製品はユーザーを右利きを前提として考えて設計されています。
最近はユニバーサルデザインの考え方が少しづつ普及してきていますが、未だ多く
左利きの人々にとって不自由なものが多い状況があります。
ハードだけでなくソフトまでもが右手、右親指を意識していると思うと
レフトハンダーにはますます使いにくい世の中になっていきますね...

同じ左利きの友だちから聞いた話によると、
左利きの人は日々の些細なストレスの蓄積で右利きの人よりも少しだけ寿命が短くなってしまうとか。
なんてことだ...

スマホ対応したウェブページ
スティーブジョブズの話から考察すると、
彼の考えるスマホの操作の醍醐味はピンチ操作(二つの指を使うことで画面を拡大、縮小する操作)
にあって、それをさせたかったのだなと思いました。
最近、スマホ対応したページがかなり増えてきて読みやすくなって嬉しいですね。
ただ未だパソコン用の表示でしか操作できないこともあったりして...
その差を埋めてくことが課題になりそうですね。

スマホによる社会、習慣の変容
私は高校生の時電車を利用して毎日投稿していたのですが、
電車で周りを見渡すと大多数の人がスマホを触ってますね。
他には、寝ているか、ぼーっとしているか、ゲーム機で遊ぶか、本を読むか。
小学生の時に乗った電車はこういう風景があまりなかったと思います。
現代は、スマホ無くして生きていけない時代になっているのではないでしょうか。
そんな時代にこの講義を学べる私たちは幸せ者ですね!
ただやはりあまりにもネットが身近に感じるからといって、
あまり深く物事を考えずTwitterに投稿するのは少し危険な行為だと言えますね
バカッターが生まれる背景には個人のネットモラルの欠如の他に
常にインターネットが生活の中に取り込まれていて世界中に情報を発信してることに気付けない
ことも一要因ですね。
要は、インターネットは使いようなんですね!

今回は以上とさせていただきます。
閲覧ありがとうございました。

担当教員
イーンスパイア株式会社代表取締役 ネットビジネス・アナリスト 横田秀珠
http://yokotashurin.com


関連記事

第4回情報リテラシー論

第4回情報リテラシー論、お疲れ様でした!
今回の講義はソーシャルメディアの台頭についてでしたね。
今回のブログはSNSの威力、性格、歴史に重点を置いていこうと思います!
アラブの春の話ですが噂には聞いていたものの
講義で改めて概要を聞いて感銘を受けました。

アラブの春
に関連して、SNSで話題になった
We are all monkeysというハッシュタグをご存知ですか?
バルセロナに所属するブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスが2014年4月27日に行われたリーガ・エスパニョーラ第35節のビジャレアル戦の試合中に、観客からバナナを投げ込まれたのに対しそのバナナを食べることによって対抗し、その後何事もなくCKを蹴るという勇敢な行動を示しました。
(バナナを投げる行為は猿の鳴き声とともに欧州サッカー場でよく見られる有色人種侮蔑行為です。)バルセロナは1-2で負けていた状況を3−2で巻き返し見事逆転勝利を果たし、試合後サッカースターはSNSに「私たちはみんな猿だ」というコメントとバナナを食べる自分の写真を共有し、アウベスの勇気ある行動に加わりました。
https://youtu.be/vikenEJjByA
人種差別反対のメッセージを大胆かつユーモラスに強く訴えたこの行為はこのハッシュタグとともにSNSで拡散されるきっかけになりました。
ちなみに、ピッチにバナナを投げ入れた方は出禁になったとか。

ブログは今や日本だけ!?
facebookやtwitterなどはマイクロブログと呼ばれブログの派生系だとか。
マイクロブログはリアルタイムで更新され今やパソコンでなくスマホでやり取りされることの方が多いですね
ただwikiの参照によると
緩い「繋がり」(人間関係)が発生し、広い意味でのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の1つといわれることもあるが、Twitter社自身は、「社会的な要素を備えたコミュニケーションネットワーク」(通信網)であると規定し、SNSではないとしている。また、一部マスメディアによって「ミニブログ」「マイクロブログ」といったカテゴリーに分類されることもあったが、Twitter社はそのように定義していない。
。。。ということで会社そのものはSNSでもマイクロブログとでもないとしています...
SNS自体も否定してるのは少し驚きですねw
facebookの映画は見たことあるのですがかなり面白かった印象が強かったです。
身近に使うツールに隠された意外な誕生の仕方に衝撃でした。ただ、最初に作った方は
きっかけはどうであれ、やはり優秀だなとも思いました。

巣移りの儀式
私がiPodtouchを手にしたのが中二の頃。
この頃から私はインターネットと触れ合うようになりました。
LINEがなかったこの頃はまだメールが主流でRe:がタイトルに続いたのが今でも懐かしいです。
SNSの変遷は私も体験していたので今回の講義は特に身近に感じました。
最初に私が始めたのが記憶が確かであれば
LINEが中3の中頃。Facebookが 中3の終わり頃。Twitterが高2の中頃。
という順番でした。
日本でリリースされた順番を綺麗に遡っていたので少し面白かったです
個人的にSNSは巣移りの儀式を繰り返していくことで機能が洗練されていくのではないでしょうか。
平家物語の一節に出てくる

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理を顕わす


のように、今もこの言葉が生きているのは現代のSNSにおいても通じるところがある
からですね。ただ、今も生き残っているSNSの面白いところは時代のニーズに適応して
変容し続けていく部分にありますね。
積極的にパクってパクれなければ買収。
それが生き残っていくための手段なんですね。

ネットビジネス
横田教授のようにネットを直接的にあるいは間接的に利用してビジネスに活かす
時代になってきましたね
私は中高生の頃はネットビジネスではないのですが
ある特定のアプリをダウンロードしてポイントをもらって
ある程度たまるとアマゾンやiTunesカードに変えることができるアプリがあって
それを活用してよく楽しんでいました。

六つの隔たり、(サーノフの法則、メカトーフの法則)
六つの隔たりはそもそもスタンレーミリグラムによるスモールワールド実験の検証の元、六つの隔たりは
誕生したそうですね。
スモールワールド現象
詳しくは→https://ja.wikipedia.org/wiki/スモール・ワールド現象
ゲーム会社で有名な企業のGREEの由来は1960年代後半に提唱された社会学の『Six Degrees of Separation』理論の一部から取ったものだとか。ロゴが六角形なのもそれを模しているのかもしれませんね。

コラム
売れる営業マンは無駄口が多い?

関連してなのですが、私は最近ハマっているのが心理学で
売り込んでもいい人と売り込むと危険な人がいるとか
営業マンが見るのは「手」
手が開いてる人はどんなに硬い表情でもまだ推し甲斐がある一方、
手が塞がってグーになってるところは笑って断っていても推して買ってもらえる可能性が低いとか。
他に、ドアインザフェイスが有名ですね。
最初に、故意に難度の高い要求を出して相手に一旦拒否させておき、それから徐々に要求水準を下げていく方法で
相手を交渉に成功させた気分にして気持ち良く購入させることができます。

今回は、この辺で!
閲覧ありがとうございました。
担当教員
イーンスパイア株式会社代表取締役 ネットビジネス・アナリスト 横田秀珠
http://yokotashurin.com
関連記事

全記事表示リンク

プロフィール

情報リテラシー論 2016 長岡造形大学

Author:情報リテラシー論 2016 長岡造形大学
情報リテラシー論 レポートブログ 2016〜2017
長岡造形大学(NID) #情報リテラシー論 のハッシュタグをつけてTwitterでツイートしましょう

情報リテラシー論2016

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。