FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回情報リテラシー論

第6回情報リテラシー論、お疲れ様でした!
今回は「キュレーションの必要性」について話しましたね。

まず、言葉の確認が必要ですね。
キュレーションとは情報収集した中で取捨選択をし、新しい価値を見出すことで、
それを行う人がキュレーターですね。
(正直、私自身も今回の授業までキュレーションが何かいまいちわかってなかったので
載せておきます。)
そもそも、なぜキュレーションすることで価値を見出せるのでしょうか?
(キュレーターはただまとめただけなのに。)
私の見解になりますが、現代は情報社会と呼ばれ、常に今現在も情報が増えているにもかかわらず
肝心な私たち人間の記憶力は全くもって変容を遂げていないのが一つとしてあげられると思います。
つまり、情報の洪水と呼ばれる中、いかに効率よく、質の高い情報を収集することができるかが
鍵となってくるわけです。キュレーターが情報過多から読者をまもっているとも言えますね!
そこでキュレーションは役に立っているのではないでしょうか。
ただ、一方でオリジナルの情報を収集する側の人はやってられない気持ちにもなりますね笑

ここでキュレーションサイトを紹介したいと思います。

NAVERまとめ
キュレーションサイトとして一番最初に成功を収めたサイトですね。
あるテーマに対象を絞って関連する情報をあつめたページがユーザーの手によって作成されている。主なコンテンツの例として、優れた画像や面白いネタ画像、名言などを集積して掲載したもの、ソーシャルブックマーク(SBM)のようにリンクを集めたもの、名言集、生活の便利な情報を集めたもの、任意のトピックに関するユーザーのコメントをフリートーク形式で集積したものなどがあり、多種多様である。weblio辞書参照
アフェリエイトでお小遣いを稼ぐ人も中にはいるみたいですね。
http://matome.naver.jp

MERY
女性向けキュレーションサイトでキュレーション業界に大きな影響を
与えました。(利用者の何割かは男性の方もいるようですが。)
特徴としては無料登録をすれば誰でもキュレーターになれるということ
特定のターゲットに絞ったキュレーションサイトであること
サイトを通して服などが簡単に購入できること
http://mery.jp

グノシー
≪3分で旬のニュースをまとめ読み≫というキャッチコピーで注目を浴びたニュースキュレーションアプリ
グノシーの最大の特徴はFacebookやTwitterなどと連携してSNSの投稿をもとに興味、関心のある記事を
キュレーションしてくれます。加えてニュースの閲覧履歴も対象になるとか。
他には朝刊夕刊と1日に二度届くなどがあります。
https://gunosy.com

smart news
スマートフォンでニュースをさくさく読める「SmartNews」
スマートニュースはPC版はない模様。
売りはスマートモードで圏外になってもニュースを読むことができること。
他にはtwitterと連携して解析、話題になっているニュースを分野ごとに配信すること。

今回は以上とさせていただきます。
閲覧ありがとうございました。
http://yokotashurin.com
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

全記事表示リンク

プロフィール

情報リテラシー論 2016 長岡造形大学

Author:情報リテラシー論 2016 長岡造形大学
情報リテラシー論 レポートブログ 2016〜2017
長岡造形大学(NID) #情報リテラシー論 のハッシュタグをつけてTwitterでツイートしましょう

情報リテラシー論2016

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。